生活するにあたり、体の不調を取り去りたいものです。

体に不調があり、生活をする事は大変に辛いものです。

身体がしっかりとしない為、体の要の部分である腰もしっかりしない状態などあります。

微熱があったり、体は疲れやすく、貧血もしていないのにフラフラなどする症状がでたりする事もあります。

不調のある体は、内臓へもひびくのです。

身体にそんな症状がでた時は、やはりいろいろと検査を受ける方などいらっしゃると思います。

腰に関しては、婦人科系の異常があるのかと、婦人科超音波や内診、又骨盤のMRIも必要になるかも知れません。

微熱が生活の中でよくある状態の時は、アレルギーの血液検査などしてみることも大事と思います。

内臓のどこかに異変があるかと血液検査や一般的な尿検査などすることもお薦めです。

レントゲンの検査など肺と骨盤の異常を調べる事も必要になるかも知れません。

お元気であって普通なのです。

不調のあるお体に対して、以前の様な元気さのある体に取り戻すことはあせるお気持ちもあると思います。

私の場合の事ですが、2人目の子供を生んだ頃から、腰の違和感や辛さがでました。

それからは体全体に覇気がなく体の動きも悪くなりました。一番悪い状態になった時は、やはり体の変化がある30過ぎてからでした。

内科にもかかりましたが、腰の痛みは福辻式DVDを見て対処していました。

以前6歳の頃に、母に押さえつけられて、やいとをしてラクな状態になった事を体で覚えていました。

東洋医学でこの身体の動きの悪さと、身体全体の辛い症状を治してもらおうと決めたのです。

ハリと漢方薬と吸盤と、あと家で何箇所にもすえるお灸で私の場合改善したのです。

毎日、身体の何箇所にもすえたのです。そして元気さを取り戻しました。

\